会社情報
仕事情報
社員情報
座談会
採用情報
  • 賃貸物件のオーナー様や
  • ご入居者様、社内の営業などに
  • 対応してビジネスを支える
  • “縁の下の力持ち”

賃貸業務推進二部
契約管理グループ(取材時)

生島 奈都実

2018年入社
賃貸物件のオーナー様や
ご入居者様、
社内の営業などに
対応してビジネスを支える
“縁の下の力持ち”
賃貸業務推進二部
契約管理グループ
(取材時)

生島 奈都実

2018年入社
01

学生相手でも
誠実に対応する姿に惹かれて入社
実際に働いてみて
選択の正しさを確信する

就職活動初期は、航空関連・空港関連をターゲットに考えていました。幼少期から飛行機に乗る機会が多く、親しみを感じていたためです。しかし、活動途中で周囲の人に「よく調べないうちから絞り込み過ぎるのはもったいない」とアドバイスされ、視野を広げてみることにしました。自分の興味の対象を見つめ直してみて気づいたのが、間取図を眺めながらそこでの暮らしなどを想像するのが好きだということです。そこで、不動産業界も視野に入れ、活動を再開しました。最終的に三菱地所ハウスネットを選択したのは、面接時に出会った社員の方が、私の話にじっくり耳を傾けたうえで丁寧に説明・アドバイスしてくださったからです。学生相手でも誠実に応対するような会社なら、入社してからも親身に接してもらえるはずだと感じたのです。

02

誰もが親切で、質問に対して
その場で丁寧に答えてくださる会社

入社後は、賃貸部門の更新グループに配属されました。賃貸物件の契約期限が迫ってきたご入居者様が、引き続き入居をご希望なさる場合に、契約更新の手続きを担当します。契約更新前後で賃料や契約期間などの条件を変えるかどうかのオーナー様への確認、新たな覚書の作成や入居者様へのご説明などが、実務内容になります。しばらくは分からないことだらけで、上司や先輩方に質問してばかりでしたね。このころに実感しましたが、「今は忙しいから後で」などと突き放されるようなことがないんですね。誰もが親切で、質問に対してその場で丁寧に答えてくださいます。就職活動中に受けた印象どおりで、本当にこの会社を選んで良かったと思いながら勤務していました。

03

誰や何を頼ればいいのかを
学びながら成長
今後も経験の幅を広げながら
長く働き続けたい

半年ほど先輩のサポートに従事していましたが、この間に、迷ったり悩んだりした際にどう動けばいいのか分かってきました。例えば、アセットグループの担当にオーナー様の人となりやご所有物件について尋ねてみたり、社内のデータベースで担当物件周辺の類似事例から賃料水準を調べたりという感じです。10月から正規に担当エリアを任せてもらえた際には、「ある程度成長できたんだな」と実感できて嬉しかったです。

01

経験を活かしながら
幅を広げていく、
異動の意味や意義も実感

入社3年目の春に、現在所属している契約管理グループに異動しました。以前は、既に契約している入居者様が対象の業務でしたが、今は社内の営業担当からの依頼を受け、新規賃貸物件のシステム登録や広告制作、賃貸借契約書作成などを担当しています。営業から急ぎの対応が求められることも多く、大変ではありますが「おかげで助かったよ」などと声をかけてもらえると励みになりますね。前面に出るより“縁の下の力持ち”のような役どころが性に合っていると思うので、今の仕事はとてもフィットしています。
なお、契約管理グループ内では「更新手続きのときはどう対処していたの?」といった質問を受ける場面が少なくありません。前の経験を活かしながら幅を広げていくという、異動の意味や意義も実感できています。私は、結婚や出産という節目があっても、仕事は長く続けたいと思っています。そういう意味でも、さまざまなセクションで経験の幅を広げ、頼りになる先輩社員になっていきたいです。

1day schedule

1日のスケジュール

  • 9:00
    出社。メールをチェックし、必要なものには返信。
  • 10:00
    リーシンググループが担当している案件の契約内容をシステムに登録。また、同案件の契約書を作成。
  • 12:00
    入居者から、賃貸住宅に付帯している駐輪場も借りたいという連絡が入る。問い合わせに対応しつつ、物件の管理室や貸主に打診。
  • 13:00
    昼休み。グループ内のメンバーと外食。
  • 14:00
    先ほどの駐輪場の貸し出しがOKとなったため、賃貸借契約に必要な書類を作成。
  • 15:00
    新たな物件の契約登録、契約書作成。また、既に作成した契約書の修正などに従事。
  • 18:00
    退社。
 career

キャリアについて

2018年4月~2020年4月
賃貸業務推進部更新グループに配属されて
賃貸契約の更新手続き業務を担当

既に賃貸物件に入居している借主が、契約更新を希望する場合に諸手続きを担当。更新を機に賃料を上げようと考える貸主と負担を抑えたい借主の間で調整に苦労するなど、職務の大変さを知る。半面、自身が貸主・借主の仲立ちを務めることで無事に契約更新できたときの達成感ややりがいも味わった。

  • TOP
  • MY PAGE
  • ENTRY