会社情報
仕事情報
社員情報
座談会
採用情報
  • 「成長の機会に恵まれそう」という
  • 期待を抱いて会社を選択
  • 営業・人事・企画と
  • 多彩な経験を積んで今に至る

流通事業グループ
首都圏流通営業一部
三鷹営業所(取材時)

外山 正志

2003年入社
「成長の機会に
恵まれそう」という
期待を抱いて会社を選択
営業・人事・企画と
多彩な経験を積んで今に至る
流通事業グループ
首都圏流通営業一部
三鷹営業所
(取材時)

外山 正志

2003年入社
01

営業以外の職務も
経験できそうな会社を選択
入社当初は、営業として
職務のやりがいを実感

就職活動での会社選びで重視したのは、人の生活の基盤である「住まい」に関わりたいということです。最初は、こだわりのある家づくりに関わりたいと思い、ハウスメーカーやマンションデベロッパーを中心にまわっていました。しかし、活動途中で存在を知った不動産仲介業のほうに、より興味を抱くようになりました。扱う物件や業務、仕事を通じて関わる人々が多彩なので、自身を成長させる機会に恵まれそうだと感じたのです。複数社とコンタクトを取りましたが、「この人のようになりたい」と憧れるような先輩社員に出会えたことと、規模が適度で営業以外の職務に就く機会もありそうだと思えたことが決め手で、最終的に三菱地所ハウスネットを選びました。

02

想定外の異動が、
自身の視野・能力の幅を
広げてくれた

入社後は上野営業所に配属され、売買の仲介営業になりました。扱う物件が多彩で、お客様だけでなく金融機関や地場の不動産会社など、さまざまな関係者とやりとりできる点は期待どおりでしたね。また、若手のうちから大きな取引でも自身で動かしていける点などにも醍醐味を感じました。今振り返ると、早い段階で「この仕事なら、長く従事していける」という確信をもった気がします。以降は、やればやるほど営業職の奥深さに触れて新たな興味や意欲を抱くという感じで、すっかり仕事に夢中になっていました。

入社11年目に大きな転機が訪れました。人事部に異動して採用を担当することになったのです。営業にのめり込んでいた時期だったので意外でしたね。売買の仲介営業は、お客様のご都合やご要望ありきで単独で動くことも多いですが、採用活動は、会社の経営方針に沿って計画を立て、チームで臨みます。異動当初は、それまで積み上げてきた経験がリセットされた気がして戸惑っていましたが、次第に自身の視野・能力の幅を広げられていることを実感できるようになりました。

03

人事部門・企画部門で
培った視点やノウハウは
所長として営業に復帰してからも
最大限に活用

その後は企画部門に異動。営業管理や新規出店、全社的なデジタルトランスフォーメーション推進などを経験しました。そして、2020年5月から所長として三鷹営業所に赴任し、現在に至ります。約7年ぶりに営業に復帰したわけですが、本社スタッフ部門での経験の意味を実感したのは、復帰して約半年経ったときのこと。各営業所長には、計画に対する進捗状況や、課題克服のための戦略などを担当役員に報告する機会があります。初めてこの場に臨んだとき、客観的な状況分析や、会社の経営方針に合致させた戦略立案をベースに発表できました。また、営業所内でも、計画・実行・評価・改善策の実施というPDCAサイクルを採り入れながら部下を指導しています。こうした考え方や手法は、すべて人事部門や企画部門で培ったものです。思えば、もともと私は、営業以外の職務も経験したいと考えて三菱地所ハウスネットを選びました。結果として、学生時代に思い描いたようなキャリア形成を実現できているのは非常に恵まれたことだと思います。

01

会社経営に関わるような
ミッションにも挑戦したい

目下の目標は、率いている三鷹営業所の存在感を高めることです。三鷹一帯は非常にポテンシャルの高いマーケットですが、それだけに数多くの競合がひしめいています。所属する若手社員をしっかり育てることで競争力アップにつなげたいですね。また、今の営業所だけでなく、顧客層や主力となる物件種別が異なる営業所でも経験を重ね、自身の運営能力を磨いていきたいと思っています。そのうえで、改めて本社のスタッフ部門に戻り、会社経営に関わるようなミッションにも挑戦したい。意欲のある者にチャレンジの場を与えてくれる三菱地所ハウスネットなら、実現可能だと思っています。

1day schedule

1日のスケジュール

  • 9:00
    出社。メールを確認してから、営業所管轄エリア内の物件情報をチェックする。
  • 10:00
    営業所各メンバーのスケジュールを確認。特にお客様との商談を控えている部下には、どのようにアプローチするつもりかを聞いたうえでアドバイスする。
  • 11:00
    トライアルで導入中の新サービスを運営する会社の担当、本社の担当とでオンラインミーティング。本格導入に向けてブラッシュアップすべき部分について話し合う。
  • 12:00
    営業所にいる部下と一緒に昼食。
  • 13:00
    部下が、所有不動産の売却を検討しているお客様のもとに出向くので同行。基本的に商談や説明は部下に任せ、必要なところだけ補足する。
  • 14:00
    帰社途中に、先ほどの商談内容についてフィードバックとコーチング。
  • 15:00
    営業所に戻り、契約を控えた取引の契約書をチェックし、修正の指示を出す。
  • 16:00
    取引先業者との打ち合わせに臨み、物件情報を共有。
  • 17:00
    営業所の各メンバーから一日の営業活動の報告を受ける。必要に応じて、各自にアドバイス・コーチングを実施。
  • 18:00
    翌日の予定を確認。明日実施予定の商談に向けて事前準備を整えておく。終了次第、帰宅。
 career

キャリアについて

2003年4月~2013年9月
上野営業所で売買の仲介営業としてデビュー
以降の約10年間で、さまざまな市場を経験

入社後は上野営業所に配属。望んでいた売買の仲介営業として勤務する。扱う物件や職務を通じて接する人の多彩さ、職務を通じてさまざまな経験を積める点などは、学生時代に期待したとおりだった。その後、首都圏各地で経験・ノウハウを蓄積。仲介営業の面白さや醍醐味に引き込まれ、のめりこんでいた時期。

2013年10月~2020年4月
人事部に異動して採用活動に従事
その後、流通業務企画部で企画業務も経験

営業として脂がのったころに、希望していたわけでない異動となり、戸惑う。半面、経営方針にのっとって計画的に職務を進める手法や、チームで目的を共有して臨む手法を学び、知見を広げるいい機会になった。営業時代は単独で動くことが多かったため、自身いわく「初めて会社員になったことを実感した時期」。その後、流通業務企画部に異動。各営業所の管理やDX推進などに従事し、経営的な視点も養う。人事部時代も含め、全社を俯瞰的に見られる職務に就いた経験は、現在の営業所運営にも役立っている。

  • TOP
  • MY PAGE
  • ENTRY