会社情報
仕事情報
社員情報
座談会
採用情報
採用担当が語る会社と人 Discusion

チームプレーで取り組むスタイルに共感しつつ
誰に対しても「この人のため」を貫ける人を求めたい

小川 「自分自身と会社の成長を楽しめる人」「お客さまに喜んでもらえる仕事をしたい人」「チャレンジ精神が旺盛な人」が、三菱地所ハウスネットが求める人材像ですよね。

湯谷 そうだね。もうひとつ加えるなら、仲間と力を合わせて何かを成し得るという取り組み方に共感を抱ける人を歓迎したいな。同業他社では、各社員が単独で仕事にあたるスタイルを踏襲しているところもあるけれど、三菱地所ハウスネットでは、個人プレーだけでなくチームプレーでの対応も心掛けているからね。

権田 ライフスタイルや価値観の多様化にともない、お客さまが求める住まいも多様化しているよね。そういった流れから、人材も「かくあるべし」と型にはめるのではなく、むしろさまざまなタイプの人材を擁した組織であることが大事なのかもしれないね。ただ、前面に出さないまでも「職務を通じて●●を成し遂げたい」といった自分なりの目標や挑戦意欲は、軸として持っていてほしいですよね。

小川 「職務を通じて」という表現が出ましたが、お客さまにご満足いただくことが仲介事業の命題である以上、人の喜びを自らの喜びにできるという基本部分は必須条件ですよね。

湯谷 そういう意味では、前提として、人と接することが好きだという資質も求めたいよね。ただし、学生時代と違って、社会人は、接する相手を自分で選べるわけではありません。誰とでもフィーリングが合うとは限りませんが、多様な価値観に触れるチャンスに恵まれているのだと受け止めていただきたいですね。

お客さまへのサービス提供が事業の核だからこそ
人と接する機会や時間は大切に考える

湯谷 私が選考に臨んだ際は、最初から個別面談で、グループ面接はありませんでした。他社に比べて、面接にかける時間が多いと感じましたね。うまく話せないような場面があっても、質問を変えたり冗談を交えてリラックスさせたりと、その人なりの考えを聞き出して、人となりを把握しようと努めていることが伝わってきました。

小川 同感です。三菱地所ハウスネットの社員には「面接時にじっくり説明してもらえた」「飾らずに素の自分を出せた」と言う人が多くいますよね。また、入社後、営業所に配属されたばかりのころは、「過保護なのでは?」と、こちらが妙な心配をするくらい、上司や先輩に手厚くフォローしていただいていました。学生のみなさんや新入社員との接し方に、マニュアルや取り決めのようなものがあるのでしょうか?

湯谷 そのようなものは特にないよ。三菱地所ハウスネットの採用担当は、みんな営業を経験しているという点に理由があるのではないかな。不動産仲介業における職務の基本は、お客さまと密なコミュニケーションをとったうえで最適なサービスを提供することにあります。だから、採用担当にしても各営業所の先輩にしても、相手を問わず「接している相手のためにできることは何でもやる」という姿勢が自然体になっているのだと思うな。

権田 私は、産休・育休を経て職場復帰というプロセスを経験しましたが、やはり職場の方の理解や思いやりに助けられた部分が多くありました。三菱地所ハウスネットの女性社員比率は約4割を超えていて、業界内でも多い方だよね。これは、小川くんが指摘するような社風も大いに影響しているのではないかな。

小川 権田さん以外にも、子育てと仕事を両立させている女性社員や育休中の女性社員は結構いますよね。経験者としての感想はいかがですか?

権田 自分の経験を活かして、これから子育てと仕事を両立していく社員のためにより働きやすい制度作りをしていきたいと考えています。ただし、制度というのは、働きやすい環境をつくるためのもので、仕事を楽にするものではないので、大切なのは「子育てと両立させてでもこの仕事を続けたい」という強い想いがあるかどうか。先ほども話しましたが、就職先選びでは自分なりの目標や挑戦意欲を抱けるかどうかが大事なのだと身をもって実感しました。

さまざまな業界・企業を幅広くまわり
面接には自然体で臨んでほしい

小川 最後に、就職活動について学生のみなさんにアドバイスはありますか?

湯谷 自分にはどのような仕事が向いているのかという点などは、当初段階では明確にできない人も多いと思います。私もそうでしたから。あまり最初から絞り込み過ぎずに、業界や企業を幅広くまわってみることをおすすめしたいですね。いろいろ見るなかで、興味を惹かれるところや、逆にあまり魅力を感じないところなどが出てくるはずなので、その理由を考えてみると良いのではないでしょうか。

権田 同じですね。付け加えるなら、絞り込みの段階では「長く働き続けたいと思うような意欲を持てるか」という視点を持ってみることかな。“ちょっと経験してみたい”と“長くやり続けたい”の差を意識するという感じですね。これからは、定年が伸びる可能性もあるわけですし。

小川 最近は、多くの企業がインターンシップを開催しているので、身をもって社風や実務内容に触れられる機会は、ぜひ活用してほしいですね。また、今の事業内容や実務内容だけでなく、「どのようなビジョンのもとで展開されているのか」という視点で見てみると、自身が本当に共感できるのかどうかを判断しやすくなると思います。

湯谷 「なぜこの業界なのか」「なぜこの会社なのか」を、自分のなかで浮き彫りにして、自分の言葉で説明してほしいということですよね。

権田 そうだね。人事部で学生のみなさんとの面接に臨みはじめたころは「みんな優秀なんだ」と感心していました。でも、多くの方にお会いするうちに、一部の方は同じような受け答えをしていることに気づいたんです。きっと、マニュアルなどでテクニックを磨いているんだね。

小川 特に慣れないうちは「自分のいいところを見せなければ」という思いで頭が一杯になるんですよね。お決まりのフレーズや飾った自分を見せても相手に響かないと実感するまで、一定の時間が必要なのかなと思います。

権田 面接では、相手が何を知りたくて質問してきているのかを考えて受け答えすることが大切だよね。もちろん、もの怖じせずに自身の考えをしっかり主張するべきときもあります。こういったことを理解して臨めるようになるためには、やはり場数を踏むことが必要だと思います。訓練という意味でも、多くの企業とコンタクトを取ってほしいですね。

湯谷 就職活動では、内定を勝ち取ることを目標にしてしまいがちですが、真の目標は、働くこと。だから、その会社・業務内容で自分が働く姿をイメージできるかどうかが大事なのだと思います。たくさんの企業を見た結果、三菱地所ハウスネットに魅力を感じてもらえたなら、私たちも嬉しいですよね。

権田 話し方や話す内容は、スマートでなくてもいいと思います。自然体で臨み、自分なりの考えを聞かせてほしいですね。学生のみなさん、頑張ってください!

  • TOP
  • MY PAGE
  • ENTRY