会社情報
仕事情報
社員情報
座談会
採用情報
フロントランナーが語る会社のこれからDiscusion

三菱地所グループ各社との連携や
自分たちの攻めの姿勢で飛躍を目指す

日々の実務を通じて、どのようなところに成長の可能性を感じますか?

三戸部 不動産仲介の会社は多くありますが、売買と賃貸両方をやっているところは、それほど多くありません。お客さまのさまざまなニーズに幅広く対応できる点が両方を扱っている強みだと思いますね。賃貸仲介部門からの視点で言うと、三菱地所のグループ力に可能性を感じます。三菱地所グループではハイクオリティ賃貸物件「ザ・パーク ハビオ」の安定供給を続けているので、三菱地所ハウスネットとしてもビジネスチャンスは拡大しています。また、三菱地所レジデンスの分譲マンション「ザ・パークハウス」のご購入者様から賃貸運用をお引き受けするケースも増加しています。さらに、賃貸物件のオーナー様の中には、優先的に私たちに声をかけてくださるような三菱地所ファンも多くいらっしゃいます。総じて、着実に取扱件数を増やせていると実感します。

井上 同感ですね。売買仲介部門でも「ザ・パークハウス」を中心に、高品質な物件を扱う機会が増えています。また、グループで運営している会員Webサイトの「レジデンスクラブ」や、住まいの総合窓口「レジデンスラウンジ」を通じて、従来はフォローしきれていなかったお客さまのさまざまなニーズをグリップできるようになってきています。社内的には、拡大に向けた攻めの姿勢を強く感じます。現状では大手同業他社に比べて店舗数は少ないですが、その分、今後の伸びしろが大きい。競争力が高まって社員数が増えれば、それだけ会社も成長していくわけです。身をもって成長のプロセスを感じることができそうな点には期待しています。

山口 私が在籍している経堂エリアに同業他社の店舗がひしめいていますが、「三菱地所が好きだから」という理由で私たちを選んでくださるお客さまも多数いらっしゃるんです。三菱地所ファンの多さや、寄せられている信頼の大きさに積極的にお応えしていくことで、十分に勝負していけるのだという手応えを感じながら仕事をしています。

懸命に臨み三菱地所ハウスネットならではの
存在意義や信頼性の高さを発揮することが重要

三菱地所ハウスネットが成長するための課題はなんでしょう?

井上 何よりも大切なのは、社員個々が“お客さまのニーズに全力でお応えする″ことだと思いますね。不動産仲介の仕事は、専門的な知識は求められますが、表面上は誰でも出来てしまうんですよ。しかし、自分に任せることにメリットを感じとっていただけなければ、競合がある中で選んでもらえません。的確にニーズを察知し、そのニーズに全力でお応えするーーこの姿勢があれば経験が浅くても評価されますし、逆に全力で臨んでいなければいくら経験や知識があっても通用しないと思います。お客さまが、本当に望んでいることが何なのか、今だけをみるのではなく、将来までを見越したライフプランに適しているのかなど、追究するべきテーマは数限りないですから。

山口 売買仲介の業界では、サービスの多様化が加速度的に進んでいる気がします。当社のサービスの中にも一部他社に追いつけていない部分があるのも事実で、本社サポート部門と連携し、差を縮めていかなければと思います。税金関係の知識を強化するために勉強してみるとか、専門外のご相談でも答えられるように有識者を探して紹介するとか、お客さまのニーズの一歩先まで踏み込むように意識しています。プラスアルファを付加することが、私自身や三菱地所ハウスネットの存在意義になると思います。お客さまの評価というのは、「私たちのために、よくやってくれたね」という気持ちを持っていただけるかどうかですから、当たり前のことだけやっていても、当たり前で終わってしまいます。

三戸部 つい最近、賃貸部門内の組織が改変されました。これまで以上にお客様へ専門性の高いサービスを提供するために、営業と管理、契約書類作成などの事務処理と、業務内容によってセクションを分けるようになったんですね。これにより私自身は、今までより営業活動に充てる時間を増やせました。ただし、賃貸物件のオーナー様からすると、契約や管理、修繕など、用件によって担当窓口が変わることになったので、それぞれの担当者に連絡しなければいけない煩わしさもあると思うんです。これからは、各セクションが高い専門性を発揮して、お客さまの煩わしさを上回るぐらいの質の高いサービスを提供し、お客さまをサポートしていく必要があると思いますね。

自分なりの高い目標を設定することで
仕事に対するモチベーションをより高める

では、みなさんの個人的な目標を教えてください。

山口 お取り引きしたお客さまから、別のお客さまをご紹介いただくようなケースを増やすことです。住まいの売買では大きなお金が動きますから、担当営業が信頼に足るかどうかは、お客さまにとって重要な関心事です。“この人なら安心して任せられる”と確信できる営業なら、親せきや友人にも勧めたくなるはずです。今の担当エリアはマンションが多いので、マンション内はもとより、お子さんの幼稚園や学校などを通じたお知り合いなどにご紹介をいただくことができれば、より多くのビジネスチャンスをものにできると思うんです。

三戸部 ズバリ年間の業績で社内トップを獲ることです。一昨年が3位、昨年が2位だったので、順番的にも今年かと(笑)。また、今の所属部署では、課長に次いで私が二番目のポジションなんです。エリア特性など、経験を積まなければ分からないことを他の同僚と共有することで、部の業績の底上げにも貢献したいと思っています。

井上 三戸部さんと同じで、私も所属部署の業績アップに貢献したいですね。自分自身、さまざまな上司や先輩が親切・丁寧に面倒を見てくださったお陰で成長できたのだと思うんです。その恩返しとして、後輩に成功体験のチャンスを多く提供していきたいですね。実務面では、三菱地所レジデンスのマンションを中心に扱い件数を増やせてきていますが、今後は一戸建てや土地、収益物件など、対象物件の幅を広げることで業績を高めていければと思います。

個を尊重し、伸び伸びと育成してくれる
ワークライフバランス面でも良好な環境

学生の皆さんに、三菱地所ハウスネットのおすすめポイントを紹介してください。

三戸部 就職活動中から感じてきたことですが、三菱地所ハウスネットは、“個”を尊重し、大切にしてくれる会社だと思います。面接のときなどは、人事部の方が1時間くらいかけて会社や事業について説明してくださったんです。これには驚きましたね。また、入社後は、上司や先輩が責任ある仕事を任せつつも、さりげなく見守っていて、必要に応じてフォローしてくださいました。仕事なのでプレッシャーはつきものですが、それに負けないよう伸び伸び成長していけると感じています。そういう意味でも、おすすめの会社です。

山口 私も、面接のときに同じようなことを感じました。途中で遮ったり、否定したりということがなく、きっちりと自分の話に耳を傾けていただけたんです。学生に対してこういう姿勢で接するような会社なら、お客さまとコミュニケーションをとるうえでも真摯に臨んでいるはずだと思い、入社を決意しました。実際、自然体で“お客さまのために”を実践している社員が多く、自分の選択眼に間違いはなかったと思っています。若手に対しても、任せるところは任せるし、困っていたら助けてくれる。相手と向き合って、相手のことを考えられる風土が定着しているからこそ、安心して自分の力を磨くこともできると思っています。

井上 ほぼ2人と同意見です。自分のペースで着実にステップアップしていける会社だと思いますね。休みをしっかりとれる点でもおすすめですよ。“プラチナウィーク″といって、会社が定めた長期休暇とは別に、年に一度は3〜4日の連休を取得できます。メリハリのある働き方を重視したいという人も、満足できる環境が整っていると思います。

  • TOP
  • TOP