会社情報
仕事情報
社員情報
座談会
採用情報
若手が語る会社の魅力 Discusion

※入社年次は取材当時

伸び伸びと長く働けそうな点に期待
お客さまの人生に携われる仕事

まず、就職先として三菱地所ハウスネットを選んだ経緯について教えてください。

米倉 自分の努力が報われる点に魅力を感じて、当初は製薬会社を中心にまわっていました。活動中に三菱地所ハウスネットの存在を知り、お客さまの人生に携われるところに興味が湧いたので飛び入りで受けてみたという感じです。実は、他社の面接では、自分の真の姿からほど遠い優等生的な回答ばかりしていたのですが、当社の面接時には、面接してくれた方の人柄なのか素直に自分を出せました。偽った姿の自分ではなく、ありのままの自分を評価してくれる会社のほうが伸び伸び働けるはずだと思い、当社を選びました。

大島 私は、もとは一般職の仕事を探していました。そんな中で当社の実務職の募集告知を見つけたんです。説明会に出たり、社員の方の話を伺ったりしているうちに、お客さまと直接関われることに面白みを感じ、当社なら長く働き続けられそうだと思いました。

熊本 私は最初から不動産業界をターゲットにしていました。さまざまなお客さまとの出会いに恵まれるうえ、お客さまの人生の中での大きな節目に携われることにも魅力を感じました。そして、押し付けではなく本当に求められるサービスを提供できるという点に強い共感を覚えたので、途中からは不動産業界の中でも特に仲介業に絞りました。

自由に動くことが許される一方で
困ったときには親身なフォローもある

入社を決めたときに抱いていた期待は三者三様ですが、実際に働いてみた感想は?

米倉 けっこう自分の思ったとおりに行動させてもらっています。自分の考えや取り組みについて、いろいろチャレンジさせてもらえていて、とても働きやすいと思っています。自分が行き詰まった際などは上司や先輩方がさりげなく助けてくださって、見守られて仕事をさせてもらっていると思います。

大島 1年目の時に面倒を見てくださった先輩も、今お世話になっている先輩も、それぞれ指導がすごく丁寧なんです。どんなに忙しいときでも、私が質問した際などはニッコリ笑って対応して下さるんですね。もともと一般職を目指していただけに、当初は自分に営業の仕事をこなせるのか不安でしたが、その不安を取り除いていただけた感じです。「自分も先輩のようになりたい」という具体的な目標ができて、頑張るモチベーションになっています。

熊本 社風についてはお二人同様、だれもが温かく見守って下さっていて、分からないことがあったときには気兼ねせずに質問できます。グループ会社が連携を強化し、お客さまに多様なサービスをご提供していこうという意識が浸透しています。三菱地所グループでは、各社が多種多様な事業を展開していますから、連携・協力すれば、競合他社には追随できないアドバンテージを創出できると思うんです。入社前の期待を実現させるフィールドがあって、自分の経験の幅も広がると思います。

それぞれの職場に目標となる人がいるから
自分なりに成長プロセスを見出していける

それでは、今後の目標についてお聞かせください

熊本 1日も早く単独で仕事をこなせるようにレベルアップし、コンスタントに結果を出していけるようになりたいですね。今の配属先に、説明が的確かつ丁寧で、お客さまが深い信頼を寄せている感じがひしひしと伝わってくる先輩がいらっしゃるんです。私も、いるだけで安心感がにじみ出るような営業担当になりたいと思います。

大島 私も同じで、独り立ちすることが当面の目標です。その第一歩として宅建の資格を取得したので、今後は、目標としている先輩のように、多くの契約に立ち会えるようレベルアップしたいですね。なお、就職活動当初に一般職を希望していたのは、仕事一色の人生にしたくないと考えたからです。そういう意味では、ワークライフバランスをうまくとりながら、結婚や出産の後も仕事を長く続けたいですね。そして後輩の女性社員にとってのいいお手本になれればと思っています。

米倉 一度やりとりしたお客さまから、別の方を紹介していただいたことがありますが、この連鎖が、仲介営業の理想形だと思うんです。実務上では、こうした成功例をひとつでも増やしていきたいですね。また、今の上司は、仕事には厳しく熱心なところが尊敬できますし、気さくに付き合って下さっています。自分自身も、後輩や部下から同じように慕われる人間になりたいと思います。

自分がやってみたいことをしっかり考え
業界や会社は幅広く回って見て欲しい

最後に、就職活動に臨む学生の方々にアドバイスをお願いします

大島 自分がうまくいかなかった時のことを振り返ってみると「自分が何をやりたいのか」を突き詰めて考えないうちに、面接に臨んでしまったことが原因だと思うんです。みなさんには、この部分を最初にしっかり固めていただきたいですね。自分の中で軸がしっかりしていれば、面接のときの受け答えにも、自然と説得力が備わるはずですから。

熊本 結果的に志望していた会社に入れて満足していますが、自分の就職活動については、最初から業界を絞り込みすぎだった気がします。せっかくのチャンスなので、単に就職のためだけではなく、さまざまな業界を見て知見を広げる機会として捉えていただきたいですね。

米倉 私も熊本君と同じで、最初からターゲットを狭めてしまうことはもったいないと思いますね。興味がなかった業界や会社でも、接点を持ってみれば何かしら発見があるはず。何に興味があるのか、ないのか、惹かれる理由、惹かれない理由が明らかになるだけでも、収穫だと思うんです。そのうえで面接に臨めば、どんな会社の面接でも、自分の素直な姿を出せたのではないかと思います。同じ業界の中でも会社によってのカラーや方向性が違っているので、数多くの業界や会社を見てから会社選びをして欲しいなと思います。

  • TOP
  • TOP